かつて、国同士の争いにおいて、「銀の死神」と恐れられた傭兵がいた。

 

彼の名はエリック。

 

戦争が終わると、彼は旅に出ることにした。

 

 

旅の途中、大魔導師の血を引くという「アリス」と出会う。

 

アリスは偉大なる魔導師になるための試練として、旅に出るところだった。

 

二人はともに旅をすることになる。

 

そして、世界を股にかけて旅を続け

 

あるとき、船旅の最後に「港町パスタシード」に降り立つ。

 

そこで二人を待ち受けていたものは・・・。